政治と経済をわかりやすく解説するチャンネル

政治や経済について思ったことをアップしています。北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

【そもそも貨幣とは何なのか?】「貨幣は負債である」という驚きの事実を解説します。

f:id:orange345:20201217163508j:plain

 


【そもそも貨幣とは何なのか?】「貨幣は負債である」という驚きの事実を解説します。


 

ここのところですね

銀行の信用創造の話をしていますね

借金というものは悪いものではないと
借金を

することによって

銀行預金っていうものは
創造されていくと

その際に銀行は元手となる

資金は必要なくて
キーボードを叩くだけ

相手方の通帳に
1億円なら1億円って

金額を記載するだけで

 

この世の中にお金を

誕生させることができると

そういうのを信用創造って
言うんだよ

という話をしてます

つまりですね
お金っていうものはですね

借金によって生み出されるんですね
借金が母親

お母さん
マザーなんですね

借金っていうもの

貸し借りの関係
債権債務の関係って言いますか

そういうものを媒介にして

お金っていうのは

増えていくということなんですね

そういうものが

ないとお金を増やすことできないんですね

今回はですね
ちょっとそのお金っていうものの

本質に迫る話をしたいと思います

一言で言いますと

お金というのはですね
負債なんですね

貨幣というのはですね
借用証書みたいなものなんですよ

貸し借りを記録したね

債権債務を・・
借用書というのは

私はあなたに何万円

借りました

何万円貸しました

とかっていうものありますよね

そういうものなんですよ

つまりお金というのはですね

特に今のお金は

モノじゃないんですね

情報と言いますか

データと言いますか
モノじゃないから

 

自由に増やすことができるんですね

昔は金本位制っていいまして

お金を配った紙幣の裏付けに

金の量が裏付けとして

なきゃいけなかったんですよ

なぜなら金の量が限られてるのに

お金だけをまくわけにいかないですよね

お金を持っていくと

それは金と交換するっていう

ルールになってましたので

金の量が限られてたら
それだけ

お金の発行は
制限されちゃうと

だけど変動相場制というのになりまして

金本位制じゃなくなっちゃったんですね

日本ね
ですから金の量とか

関係なくなったんですね

情報、データだから

銀行もたとえば

鹿島建設に1億円融資する時には

鹿島建設の口座に
1億円という記載をするだけだし

政府も国債を発行する

と言った時には自由に
今回もね

コロナで何十兆といった

お金を発行してますよね

国債を発行してますよね

それも自由に国債発行できるようなってると

あれも借金みたいなものですからね

国際というのもね
借金というのは何も

僕がここで言ってるのは

民間の市中銀行の

借金
融資の話だけじゃないですよ

国、政府も国債という形で
借金、借り入れ

それを日銀・・
日銀は銀行みたいなものですよね

日銀が引き受けてやってますよね

つまり民間であれ政府であれですね

借金というものが
大事だよということなんですよ

借金をするから

世の中にはお金
貨幣というものが増えて

いくんだよ

借金をしなくなったら

増えていかないんだよ
という話なんですね

情報だから
打ち込むだけでお金を増やせるから

エクセルのデータを入力するみたいにですね

パッとキーボードを
ちゃちゃちゃっと叩くだけでですね

なんとこの世の中に
お金を誕生させることができると

お金をモノだと思ってるからですね

今いろんなね

あちこちでいろんな問題が

おかしなことが起こってるんですね

貨幣論というか

お金の本質に気づいてないというか

それがわかってない人たちばっかりだから

あちこちでいろんな悲劇が起こってるんですよ

魔法のように
増やすことができるんだよっていうね

信用創造っていうものが

あるんだよっていうこと

知ってればですね

そんな悲劇が起きることはなかったと
思うんですよね

それでたくさんの困ってる

国民を救うことができた

大阪で餓死者が出ましたね

お母さんと娘さんですか

こんなことはあっては
いけなかったんですよ

本当は
日本のような通貨発行権のある国で

国が政府が意志さえあればですね

国債っていう
いわゆる借金ですね

借金をすることによって

国民にお金を配ることができた

でもそれが

未来の子供達へのツケ回しだとかですね

国債発行は戦争への道だとか

そういう・・

妄想に取り付かれてしまってですね

間違った貨幣観が根底にあるから

間違った選択

つまり「緊縮財政」「国債発行をやめよう」と

こういう話に結びついていってるんですね

お金というのは

何かという本質さえ知っていればですね

この親子を救うことができたんですね

で、皆さんはですね

お金の起源といったときに

どんな事を

親とか学校の先生とか

聞かされましたかね

多分ですね昔は

物々交換で
物と物を交換してたと

物を運ぶのは重たいから

お金っていうものができたんだと

こういう物語が擦り込まれちゃってると
思うんですよね

何か価値のあるもの

との交換の手段として

お金ってことが誕生したと

持ち運びが便利だしね
耐久性もあると

 

昔は金とか銀とかっていうのが

まず最初だというイメージ

刷り込まれていますから

持ち運びもできるし

それ自体にも価値があるしということで

物々交換からお金というものは

誕生したというふうに
多くの人は思ってると思うんですよ

で、お金と言った時に

そこで金とかね銀とか

ジョニー・デップのね

『パイレーツ・オブ・カリビアン』じゃないけど

そういう金貨銀貨みたいなね

そういうものをイメージしちゃってると思うんですよ
ところがですね

研究が進みましてですね

どうやらその話違うみたいなんですね

そういう事があった
物々交換から

そういうお金というものが
誕生したっていう

ついに証拠資料みたいなものがですね

発見できなかったそうなんですよ

じゃあね、貨幣って

いったい何なのか

本質的な話になってくるんですけども

イングランド銀行という
イギリスの銀行がありまして

そこの季刊誌に載ってた言葉

それが僕ね
正しいと思うんですよ

こんなふうな事が書いてあるんです
「貨幣とは

負債の一形式であり

経済において

交換手段として受け入れられた

特殊な負債である」

負債であると言ってるんですよ
イングランド銀行は
それに対して多くの人は

あるいは多くの人がですね

貨幣っていうのはモノものであると
金貨銀貨

それに裏付けされていると
だからそういう

お金、紙幣というのはモノであると

というような考え方ですね

金本位制の時代ね

これは商品貨幣論

今のそのお金というものはモノである

考え方は正しかったかもしれない

交換所に紙幣を持って行って

これを金に替えてくれと

そしたら、それに見合う金がやってきましたと

手元に来ましたと
しかし今、日銀に

行きましてですね

日本銀行券ですからね

一万円札
一万円を持っていって

これを金に変えてくれって言ったら

は?って言われますよ

交換してくれてって言ったら
「わかりました」と言って

1万円を持っていったら

1万円が返って来るだけです

不兌換紙幣とかね
不換紙幣っていうんでですけど

金属などに交換を保証されていない

通貨、一万円札ね
ま、一万円札っていうか

千円札、五千円札もそうなんですけども

それを我々は使ってるんですよ

貨幣として
とにかくですね
そのお金っていうのは

負債であって
お金ってのは

信用創造

借金によって膨らんでいくと
この資本主義は

借金をするっていう行為によって

活性化されていき

豊かになっていくんです

そこで皆さんはですね
この話をしてもですね

いや、冗談じゃないと

俺は一生懸命働いて

で、25日だったら給料もらってんだと

俺の銀行の預金に
25日になったらね

給料振り込まれてるぞと

じゃあ、これは何だと
俺は借金なんかしてねーぞと

借金なんかしなくても

25日に給料が振り込まれたぞと
6月12月にはボーナスが振り込まれるぞと

何言ってんだ

と言われるかもしれません

借金で生まれたわけじゃないじゃないかと

俺の働いて稼いだお金が

振り込まれてるんだから

借金じゃないじゃないか
って言うかもしれないですけども

でもよく考えてみて下さい

皆さんがお勤めしてる会社ありますね

その会社のですね

いちばん最初
借金をして

ほとんどの会社っていうのはですね

できてゆくんですね(商売をやっていく)
あなたは借金してなくても

あなたの会社が借金してるんです

今は

無借金経営でも
創業者をしたかもしれない

あるいは創業者も借金一銭もしてない
今の社長

3代目4代目もしてない
だけども

取引先はしてるかもしれない

お客さんは借金をしてるかもしれない

お客さんは借金してなくても

お客さんが勤めてる会社は

借金してるかもしれない

つまり、借金が母・借金がマザーと言ってるのは

借金をすることによって

銀行預金というのは
生まれるんですね

信用創造というのは
そういうものです

だってこの世の中に
お金がない時に

一体どうやってお金って
あります?

最初からお金なんてないわけですよね

明治時代と今と比べて

お金の量って
ものすごい額増えてますよね

じゃあ、どうやって増えたの?

お金の量がもし一定なのだとしたら

一定だとしたらですよ

「お金のプール論」と言ったらしますけど

お金の数が一定なのだとしたら

どこやって増えたの?って
話ですね

そう、借金によって増えたんですね

借金を嫌いますけど日本人はね

だから皆さんは借金してなくても

皆さんが勤めてる会社は
借金をしている

そのおかげで

皆さんの勤めてる会社は
ビジネスもできる

そのビジネスをした
会社がビジネスをして(ビジネスをすることによって)

皆さんはそこで働いて
給料が支払われてる

じゃあ、その給料っていうのは

元をたどれば
借金から生まれてるんですね

材料もね

下請けの会社も

材料を下ろしてくれるメーカーも

家を作るハウスメーカーに
お勤めの方だって

その材料費だとかね
いろいろありますよね

電気工事やったりとか

ペンキ塗ったりとかね

大工さんとか

みんな借金によって出来上がってますね

この世の中は
(*家を建てる人が住宅ローンという借金をしなかったら、
 みんなにおカネが行き渡らなかったという意味)


この話はものすごく大事な話に
なっていくんですよ
ゆくゆくね

政府が借金によって

お金を生み出すことができる
というところに

行き着くことによってですね

国債発行という問題に
直結していく

話になってゆくんですねこれは

だから借金と言った時に

アレルギーを・・
その拒否反応を示さない

そこで拒否反応を示すと

財政再建だとか

プライマリーバランスの黒字化だとかですね

そういうドツボにハマっていって

未来が閉ざされてしまうんですね

夢も希望も絶たれてしまうんですよ

そこで
今現在の日本は

そういう状況なんですけど

だからデフレ脱却できないんですね
借金を嫌うからね

借金は悪者だと思ってるから

借金がお金を生み出してくれるのに

それを自分で自ら拒否してるもんだから

当然お金は生み出されませんよね

お金が生み出されないってことは

デフレということですから

世の中不景気ということですから

皆さんは豊かになれないということですから
当然

今みたいな日本になって
当たり前ですよね

緊縮財政やってるんですから

国債発行は良くないことだ

と思ってるわけですからね

借金をするとお金は増えます

借金を返すとお金は減ります
単純な話なんですね

もう一回言いますよ
借金をするとお金は増えます

借金を返す・・

例えば消費税を10%に上げて

政府のね

プライマリーバランスの黒字化

財政再建というのは
借金を返すということですからね

財政再建をしようとすると

世の中は苦しくなります
貧しくなります

だから日本見てください

苦しくなって貧困化・・
貧しくなっていってますね

中国にも抜かれて

一人当たりGDPは
韓国にも抜かれちゃったと

 

 


【そもそも貨幣とは何なのか?】「貨幣は負債である」という驚きの事実を解説します。